高反発マットレスの比較

雲のやすらぎプレミアムと13層やすらぎマットレス 私ならこちらを選ぶ!

更新日:

雲のやすらぎ

1.「雲のやすらぎプレミアム」と「13層やすらぎマットレス」、どちらを購入すべきか?

「雲のやすらぎプレミアム」と「13層やすらぎマットレス」のどちらかを選ぶとしたら、私は迷うことなく「雲のやすらぎプレミアム」を選びます。

「雲のやすらぎプレミアム」は、マットレスの厚さが17センチ で39,800円です。

一方、「13層やすらぎマットレス」は、27センチで98,000円です。

どちらも同じ会社から販売されているマットレス。
なので、構造の違いはあっても基本的な良さは変わりません。

高反発マットレスを買うとしたら、39,800円でも私にとっては十分ゴージャスな買い物になります。

とはいいましたが、「13層やすらぎマットレス」の方を購入した方が良い人もいます。
どんな人が「13層やすらぎマットレス」を購入した方が良いのでしょうか?
これについては後で解説したいと思います。

まずは、この2つのマットレスを比較してみましょう。

2.「雲のやすらぎプレミアム」と「13層やすらぎマットレス」の比較

雲のやすらぎプレミアムと13層やすらぎマットレスの特徴を表にまとめようと思いましたが、13層やすらぎマットレスのほうは、マットレスの効果を具体的な数値で表していません。

そのため、わかる範囲で違いを表にしてみました。

 比較項目  雲のやすらぎプレミアム 13層やすらぎマットレス
 密度  35D  記載なし
 コイルの長さ  4センチ  6.5インチ
(約16.5センチ)
 収納  できる  できない
 厚さ  17cm  27cm
 構造  5層  13層
 耐久年数  10年以上  10年以上
 外部機関による
商品検査記載
 あり  なし
 アレルギー対策  あり  あり
 値段
(シングルサイズ)
 39,800円  98,000円
 返品保証期間  100日  60日

次は、「雲のやすらぎプレミアム」、「13層やすらぎマットレス」を使っている方たちの声(口コミ)を聞いてみましょう。

3.「雲のやすらぎプレミアム」を使っている方の口コミ・評価

評価○ 40代女性
他の10センチくらいの厚さのマットレスと比較をして、ごほうびのつもりでこちらを選ぶことにしました。
寝心地は最高で、寝返りも楽に打つことができます。
今までのマットレスに全然反発力がなかったことに、今更気づきました。
朝起きたときのヘンな疲れもなくなり、朝からパワフルに動くことができます。
そういえば最近、ビタミン剤も飲まなくなりました。
評価○ 50代女性
一人暮らしの母親のために購入しました。
今までベッドで使っていたマットレスを処分して雲のやすらぎプレミアムを置きましたが、サイズはぴったりです。
母は背が小さくて、雲のやすらぎプレミアムならばベッドに腰かけた時にちょうどひざが90度になるので、立ち上がりが楽になり、介護士さんともよい買い物をしたと喜んでいます。
なによりも、起き上がるときが楽になったそうで、夜中のトイレも心配なくなったようです。
評価○ 30代男性
仕事の関係上、重いものを運ぶ事が多いので、20代の頃から腰痛で悩んでいます。
病院に行っても原因がわからず、電気をかけたりシップをもらっておしまいです。
母が高反発マットレスのうわさを聞いて、その中から雲のやすらぎプレミアムを選んで送ってくれました。
初めはじゃまでしたが、布団をしまう必要がなくなったので楽になった、という程度にしか考えていませんでした。
2か月ぐらい経つと、朝起きたときの腰の違和感が消えていました。
しかも、朝起きて、大きく背伸びができるようになったのです。
今までは朝起きると身体が硬くて、しばらくは縮こまっていましたが、朝から背すじを伸ばすことができるようになったのです。
いつも気遣ってくれる母に感謝です。
今度家に帰ったら、母においしいものをごちそうしようと思います。
評価△ 40代男性
散々いろいろなサイトを調べて、最終的にこちらの商品を選びました。
寝心地がいいので後悔はしていませんが、最近では、もう少し薄いマットでも効果は変わりがないのではないかと思うようになってきました。
しかも、折りたたむこともできないので敷きっぱなしになって、だんだん寝室がだらしなくなってきました。
今では、まずマットの上の洋服を床に置いてから寝るようになっています。
評価× 30代女性
やはり、折りたためるマットを買うべきだと思いました。
折りたためるマットをわざと敷きっぱなしにしておくのと、もともとしまうことができないマットを出しておくのでは気分が違います。
折りたためないマットでは、部屋の模様替えに制限が出てしまいます。
また、引っ越しをするにも独立した寝室がなければ困るので、マットのために部屋を選ぶようになってしまいそうです。

4.「13層やすらぎマットレス」を使っている方の口コミ・評価

13層やすらぎマットレスの加増

評価○ 40代女性
今まで使っていたベッドは、その辺で買った適当なものだったので、気がついてみるとマットがへたっていました。
今度こそちゃんとしたものを買おうと思い、思い切って13層やすらぎマットレスを購入しました。
寝心地が最高で、女王様になったような気分です。
マットレスを交換しただけで寝室に愛着が出て、今はインテリアに凝り始めています。
マットレスひとつの変化で、生活が楽しくなりました。
評価○ 60代女性
マットレスが到着した時には大掛かりな搬入になり、とんでもないものを買ってしまったものだと思いましたが、寝心地がよくて、昼間疲れてもいないのにマットにごろんと横になってしまいます。
寝たままマットの上ではずんでみたりして、遊ぶこともあります。
ときどき腰やひざが痛いことがありましたが、今は痛みを感じなくなりました。
腰痛対策で、痛みが初期の時点でマットレス交換という対応をしたので、これ以上悪くならなくて済みそうです。
評価○ 30代女性
マットレスを買うときに、ローソファーとして使えるものを選びました。
13層やすらぎマットレスはマットの厚みがあるので、友達が遊びに来る時にはきれいなベッドカバーをかけて、その上でおしゃべりをしています。
壁に寄り掛かることもできるので、改めてソファーを買う必要もありません。
友人も始めはマットレスだとは思っていなかったようなので、大成功でした。
肩こりもなくなってきたので、マットレスの効果も感じています。
評価△ 40代男性
デスクワークで1日座っているので、すっかり腰を悪くしてしまいました。
周りから運動しなければダメだと言われていましたが、楽なほうに走って、マットで腰痛改善を狙いました。
初めのうちは全く効果がなかったので失敗したと思いましたが、3か月ぐらいで、朝起きたときの腰痛がなくなっていたので喜んでいました。
しかし、日中の腰の痛みは改善されないので、結局筋トレをしなければならないようです。
そのため、わざわざ高価なマットレスを買ってよかったのかどうかがよくわかりません。
評価× 50代女性
とにかくいちばんよいものをと思い、大きさなどもしっかりと全部承知の上で、13層やすらぎマットレスを買いました。
ところが、実際に実物が家にきたら、あまりにも大きくて後悔しています。
マットを人に見せるわけにもいかないので、1部屋が完全に寝室になりました。
友人の家のベッドマットでも、ここまで厚みのあるものは見たことがありません。
今一番心配なのは、処分方法です。
自分ひとりでは、外に出すことですらできません。
多分、業者に頼んで、高い料金を払って処分することになるでしょう。
寝心地はよいのですが、あとあとのことを考えると、無駄なものにお金を使ったような気がしてなりません。

5.「雲のやすらぎプレミアム」と「13層やすらぎマットレス」の共通の特徴

13層やすらぎマットレスと雲のやすらぎプレミアムは、同じ会社の製品です。

基本的には同じ材料を使っているわけですから、共通している特徴を調べてみました。

1.抜群の通気性

雲のやすらぎプレミアムは、体からの発熱と、床に伝わった熱の反射によるマットレスの熱のこもりを、外にじょうずに逃がす働きがあります。

そしてさらに13層やすらぎマットレスには、マットレスの両サイドに四つの通気口がついているので、睡眠時の熱や湿気を速やかに排出することができます。

2.防ダニ・抗菌・防臭加工

布団は一度購入すると、そう何度も買い換えることはありません。
そのため、ダニにとっては暮らしやすい環境になってしまいます。
知らないうちに増え続けているダニによって、アレルギーを引き起こすこともあります。

雲のやすらぎプレミアムも13層やすらぎマットレスも、防ダニや抗菌・防臭のために、同じテイジンの中綿を使っています。

テイジンのマイティトップⅡは、高い防御力を発揮して、ダニを寄せつけません。
さらに、細菌の繁殖を抑制して、防臭効果も発揮します。

この中綿は口に入れても無害で、皮膚に対する刺激もないので、子どもでも安全に使うことができます。

3.完全日本製

雲のやすらぎプレミアムは羊毛を使っていますが、フランスから輸入して日本で編んでいます。
そして、どちらのマットレスも、国内の工場で製造しています。

6.「雲のやすらぎプレミアム」と「13層やすらぎマットレス」の違い

雲のやすらぎプレミアムと13層やすらぎマットレスは、値段が大きく違う分だけ内容でも違うところがあります。

1.マットレスの厚さ

雲のやすらぎプレミアムは、厚さが17センチですが、13層やすらぎマットレスは、なんと27センチもあります。

雲のやすらぎプレミアムは5層構造

雲のやすらぎプレミアムは、高反発のスプリングマットを中心に、上側に凸凹アルファマット(高反発マットレス)と秋冬用の羊毛パッドが使われていて、下側には凸凹アルファマットと春夏用のパッドが使われているので、合計5層の構造になっています。

布団の上に寝た時に、背中と腰に大きな体重がかかります。
そのため、普通の布団に寝るとおしりの部分が大きくへこんでしまい、背骨が弯曲して腰痛の原因になります。
また、不自然にへこんだ状態から寝返りを打つと、必要以上の体力や筋力を使うことになり、寝ているだけで疲れてしまいます。

雲のやすらぎプレミアムは、高反発マットレスの力によって、背中や腰にかかる大きな圧力を全身に均等に分散します。
そのため、寝ているときの姿勢が立っている時とほぼ同じ状態になり、腰に大きな負担をかけることがなくなります。

また、中心のスプリングと高反発の力によって押し返す力(反発力)が大きくなり、寝返りを簡単に打つことができるようになります。
そして、横向きになっても、マットレスの反発力によって体が沈み込まないので、正しい姿勢で寝続けることができます。

13層やすらぎマットレスは13層マットレス

一方、13層やすらぎマットレスは、中心に6.5インチの高反発コイルを置き、その両側にチップウレタン、ウレタン、クラウドMAXウレタン、ウレタン、マイティトップⅡ、ハイグレードニットが使われています。

このうち、ウレタンとクラウドMAXウレタンがスプリングのように背中や腰の体重を吸収して、チップウレタンが横方向に体圧を逃がしていきます。
そしてさらに、中心のプレミアム高反発コイルによって、体を上に押し上げます。
こうして、雲のやすらぎプレミアム以上に、重い背中や腰に負担をかけることなく、快適に寝返りを打つことができます。

2.中心のコイルの違い

普通、10センチくらいの高反発マットレスには、コイル(スプリング)が入っていません。
高反発マットレスは、スプリングが使われていないものが主流になっています。

ところが、雲のやすらぎプレミアムにも13層やすらぎマットレスにも、独自のスプリングが使われているため、普通のマットレスよりも厚さが出てしまいます。

ところが、このスプリングを使うことによって、体圧分散効果がさらに上がるようなのです。

特に13層やすらぎマットレスで使われているスプリングは、日本最高クラスの6.5インチ高反発コイルです。
コイルの長さが長くなるに従って、体圧分散性の効果が上がるため、反発力も耐久力もずば抜けて上がり、体への負担がより軽減されます。

3.「雲のやすらぎプレミアム」だけが持っている特徴

雲のやすらぎプレミアムはリバーシブル設計になっていて、片側が高品質の羊毛を使用したパッドになっています。
羊毛は、フランスロレーヌ産の極上の品質だそうです。
冬に羊毛パッドを使うと、体温が羊毛によって保たれるため身体が冷えることがないので、筋肉が硬くなり緊張することがなくなります。
筋肉が緊張すると、寝違えたり腰の痛みが悪化することもあります。
羊毛パッドが使われていれば、もこもこのシーツを使ったり電気毛布などでわざわざ体を温める必要もなくなります。

また、夏になったらマットレスをひっくり返して、夏バージョンにすることができます。
夏場は抗菌や防臭を中心として、マットに熱がこもることなく、通気性をよくして睡眠を快適にすることができます。

7.私が「雲のやすらぎプレミアム」をおすすめする理由

ここまで簡単に、雲のやすらぎプレミアムと13層やすらぎマットレスの特徴を説明してきました。

基本的には、同じ会社・同じ工場で作られている製品なので、材質や製造方法には違いがないと思われます。

その上で、私がおすすめする高反発マットレスは、雲のやすらぎプレミアムになります。

13層やすらぎマットレスは値段が高いだけで、すぐれていないのかというと、全くそのようなことはありません。

雲のやすらぎプレミアムも13層やすらぎマットレスも、高反発マットレスの中では最上級の部類に入ると思います。

そのため、両方とも高品質であるならば、高いお金を出して13層やすらぎマットレスを買う必要はないと思うのです。

それでは、私が「雲のやすらぎプレミアム」を選んだ根拠を説明していきましょう。

ホームページに、信頼できる数値が並んでいる

雲のやすらぎプレミアムは、厚さが17センチもあります。
他の高反発マットレスに比べると、かなりの厚さになります。

高反発マットレスは、厚さが10センチ以上あることと、密度が30D以上ある物を選べば腰痛対策としては安心です。
雲のやすらぎプレミアムは、厚さも密度もおすすめできるランクを大きく超えています。

しかも、公式サイトでは、外部機関によるさまざまな検査結果が公表されているので、間違いのない商品だと言ってよいでしょう。

ですから、これ以上の商品を購入する必要はないと思います。

車でたとえてみましょう。

車には詳しくない私の説明で申しわけないのですが、車の種類は軽自動車、5ナンバーの普通自動車、3ナンバーの高級だけれど手が届く範囲にある自動車、それから3ナンバーの超高級車があります。

雲のやすらぎプレミアムは、たとえてみれば3ナンバーの高級だけれど手が届く範囲にある自動車だと思います。
一方、13層やすらぎマットレスは、3ナンバーの超高級車になります。

そのため、腰痛のために最高級の高反発マットレスを探している方は、必要以上のゴージャスさはいらないので、雲のやすらぎプレミアムで十分なのではないかと思います。

大きいにしてもほどがある

雲のやすらぎプレミアムは17センチの厚さがあるので、扱いに苦労します。
折りたたむことができないので、収納することもできません。
そのため、1日中敷きっぱなしにするか、マットレスを毎日壁に立てかけておくしか方法がありません。
(ベッドのマットレスよりは全然楽です)

17センチのマットレスでさえ取り扱いが困るというのに、27センチのマットレスが自宅に届いたら、もはや布団のレベルを超えて、大型家具の一部になると言ってもよいでしょう。

13層やすらぎマットレスは大きすぎるので、搬入にも注意が必要です。

シングルサイズであれば何とかなるかもしれませんが、ダブルサイズに至っては、玄関の大きさや廊下の幅、マットレスを置く部屋までの通路など、かなりの制限が出てきます。
ヘタをすると、窓から入れなければならなくなります。
マンションの場合、エレベーターに乗るかどうかも重要なポイントになります。

マットレスを注文すると、配送業者が搬入から開梱から設置まで行なってくれますが、どうしても家に入りきれない場合、返品することになります。
このとき、返品の送料はこちら持ちになってしまいます。

「雲のやすらぎプレミアム」は、おそらく会社で一番力を入れている商品だと思われる

雲のやすらぎプレミアムのサイトを見ると、使われているマットや表面のパッドの説明が十分にされています。
また、外部機関の検査結果を示しながら、材質についても詳しく説明しているので、雲のやすらぎプレミアムは、一番の主力製品なのではないかと思います。

主力製品には、会社の全精力が詰まっています。
誰にも文句を言われないくらいの商品をメインに持ってくるので、「雲のやすらぎプレミアム」が最高級のマットなのではないかと私は感じています。

このような理由で、雲のやすらぎプレミアムと13層やすらぎマットレスのどちらを買うかといえば、「雲のやすらぎプレミアム」をおすすめしようと思います。

ただし、両方のマットレスを並べて置いて寝てみれば、もちろん13層やすらぎマットレスのほうが寝心地がよいに違いありません。

そこで、どうせ買うなら最高級品のほうがいいという方には、13層やすらぎマットレスをおすすめしようと思います。

普通に腰痛が改善できて、寝心地も他のマットレスと比べると格段に違いがある物で満足できる方は、60,000円安い「雲のやすらぎプレミアム」を選ぶとよいでしょう。

8.「13層やすらぎマットレス」をおすすめしたい方

今まで散々「雲のやすらぎプレミアム」をおすすめしてきましたが、病気がちで横になっている時間が長い方は、より寝心地のよい「13層やすらぎマットレス」を選ぶほうがよいと思われます。

13層やすらぎマットレスは、雲のやすらぎプレミアムよりも反発力がすぐれています。
ポンポンと跳ね返る力が強いのではなく、体重を上手に吸収したうえで、やわらかく反発をしてくれます。
そのため、寝返りを打つときに優しく背中を押してくれて、横向きになるのがとても楽になります。

体力のない方が普通のマットレスや敷布団で寝ると、布団の中に沈み込んでもそもそと体の位置をかえることになります。
しかし、13層やすらぎマットレスの上では、最低限の筋力で寝返りを打つことができます。

また、起き上がる時には、上半身をしっかりとマットレスが受け止めて押し返してくれるので、楽に起き上がることができます。

同じ理由で、お年寄りにも、どちらかというと13層やすらぎマットレスのほうをおすすめしたいと思います。

9.どちらのマットレスも、お年よりの購入には注意が必要

ここで、ご両親にプレゼントとして雲のやすらぎプレミアムや13層やすらぎマットレスの購入を考えている方に、ちょっとした注意点があります。

今回ご紹介したマットレスは、両方ともかなり寝心地がよいので、年老いたご両親にプレゼントしようと考えている方も多いと思います。

ところが、マットレスには両方ともかなりの大きさと重量があります。
そのため、離れて住んでいるご両親に商品だけを送りつけると、とても困ることが予想されます。

まずは、商品を注文する前に、ご実家に行ってマットレスを置く場所をしっかり決めましょう。
マットレスは敷きっぱなしになるので、周囲を十分に片付けて空間を作っておかないと、マットレスに足をひっかけてしまうこともあります。

また、配送時にも一緒に運び入れを手伝って、ご両親の手がかからないように気をつけましょう。

10.まとめ

高反発マットレスは、主に腰痛改善のために利用するものです。
しかも、家に置いておくものなので、必要以上に高価なものを購入することはないと思います。

「雲のやすらぎプレミアム」は、品質のよいウレタンを使って作られたマットレスです。

そのため、「13層やすらぎマットレス」でなければ腰痛が改善できないのでは?という心配はいりません。

予算や置き場所によって、どちらを選んでも大丈夫だと思います。

 

●雲のやすらぎを最安値で購入したい!
ならば以下のサイトが参考になりますよ。。
http://xn--x8jva6dc1i5az564c3v3fszsa.com/

-高反発マットレスの比較

Copyright© マットレスを徹底比較!どれを買うべきか? , 2017 All Rights Reserved.